ペニス増大に役立つ食べ物6選!ちんこの仕組みや必要な成分も解説!

「ペニスを大きくしたいけどお金をかけるのは…」「できれば安く抑えたい…」という方は多いものです。増大サプリは、決して安くはなく、継続して飲むことからも費用がかさんでしまいます。

しかしながら、サプリを使わずともペニスの増大に役立つ成分を摂取することは可能です。普段の食事から増大サプリに含まれている成分を意識することで、体質を改善することができるのです。

そこで今回は、ペニスを大きくするために役立つ食べ物について紹介をしていきます。普段の食事から摂取できるので、本記事を読んでぜひ覚えておきましょう。

ペニスが増大する仕組み

まずはじめに、ペニスが増大する仕組みについて解説していきます。

ペニスは海綿体(毛細血管)で構成されており、血液が集まることで勃起します。そして、ペニスを増大させるためには、海綿体の拡張を行う必要があります。

血管は、ゴムのような性質があり伸縮します。例えば、膨らませる前の新品の風船は小さいですが、一度空気を入れて萎めるとゴムが伸びて元のサイズよりも大きくなります。

血管も同様に、血液が多く集まることで、拡張されていきます。
結果として、ペニスが増大が可能になるのです。

そのため、血流促進効果や、海綿体の成長を助ける食材を摂取すれば、ペニス増大が期待できます。

ペニス増大に役立つ成分

ペニスの増大に役立つ成分について紹介をしていきます。増大サプリに含まれている主な成分は次の通りです。

成分 効果 1日の摂取量
シトルリン 血流の改善 800mg
アルギニン 血流の改善、成長ホルモンの分泌促進 15,000~21,000mg
亜鉛 男性ホルモンの分泌促進 10mg

ペニスが増大する仕組みにて解説した通り、ペニスを大きくさせるためには血流の改善が重要な働きをします。血流を改善することで、多くの血液がペニスに集まり易くなり、拡張がしやすくなるのです。

また、成長ホルモンは筋肉や体を作る効果があり、男性ホルモンは勃起力の向上に欠かせない成分です。これらをバランス良く摂取することでベニスを大きくすることができます。

以降では、上記の成分が多く含まれる食材について紹介をしてきます。

ペニス増大を補助する食材

ここでは、前項で紹介した「シトルリン」「アルギニン」「亜鉛」といった、ペニスの増大に役立つ成分が多く含まれる食材について紹介をしていきます。

普段の食事選びの参考になるので、ぜひ覚えておきましょう。

シトルリン①:スイカ

シトルリンは、1930年に日本でスイカから発見された成分であり、100gあたり180mgと、最も多く含まれている食材です。

約1/7個を食べることで、シトルリンの1日の摂取量である800mgを摂取することが可能です。夏の風物詩であるため、食べる機会が多くなる季節は限られていますが、積極的に食べたいところです。

シトルリン②:キュウリ

シトルリンは、ヘチマやメロン、冬瓜に苦瓜といったウリ科の食材に多く含まれている成分です。先に紹介したスイカは、食べる機会も限られており摂取しにくいですが、日常的に食べられるキュウリにも含まれています。

食材 100gあたりの成分量
スイカ 180mg
ヘチマ 57mg
キュウリ 9.6mg
ニンニク 3.9mg
クコの実 34mg

スイカやヘチマには劣りますが、キュウリにもシトルリンが含まれています。上記の成分量から、1日の摂取量である800mgを摂取するための本数を算出すると、約57本食べる計算となります。

キュウリだけで摂取は困難であるため、ニンニクやクコの実など、他の食材と合わせて摂取するようにしましょう。

アルギニン①:肉類

部位や肉の種類によって含有量は異なりますが、アルギニンは肉類に豊富に含まれている成分です。よくお肉を食べている人が、エネルギッシュなのにはこうした理由も含まれているのでしょう。

参考までに、各肉の含有量は以下のようになっています。

肉の種類 100gあたりの含有量
鶏むね肉、豚ヒレ肉 2,500mg
豚もも肉、マトン肉ロース 2,000mg
牛もも肉、鶏もも肉 2,100mg

肉類には、アルギニン以外のアミノ酸やビタミン、良質なタンパク質が摂取できるため、積極的に摂取していきましょう。

アルギニン②:大豆製品

先に紹介した肉類以外に、大豆製品からもアルギニンが摂取することができます。なかには肉類よりも多く摂取できるものもあるので要チェックです。

大豆製品に含まれるアルギニンの量は次の通りです。

大豆製品 100gあたりの含有量
(乾燥)高野豆腐 4,000mg
大豆 2,500mg
納豆 1,000mg
豆腐 600mg

大豆製品にも肉類同様、タンパク質やアミノ酸が含まれますが、肉類の動物性とことなり植物性の成分となります。

全体的に、肉類の方が摂取しやすいですが、食生活のバランスも考慮し、肉類と大豆製品を上手く組み合わせて摂取するようにしましょう。

亜鉛①:牡蠣

精力増強で有名な牡蠣には、亜鉛が多く含まれています。その含有量は100gあたり14.5mgと豊富で、1日の摂取量である10mgを満たすことが可能です。

簡単に摂取できるからといって、食べ過ぎは要注意です。亜鉛を過剰摂取すると、銅の吸収阻害により下痢や吐き気、免疫障害などの副作用を起こす恐れがあります。特に、サプリを服用している際は、そちらと合わせて過剰摂取となってしまうことがあるので、取り過ぎないよう意識しましょう。

亜鉛②:うなぎ

牡蠣と並んで、精力増強としても有名なうなぎにも亜鉛が多く含まれています。100g(1串)あたり2.7gと牡蠣には劣りますが、ペニスの増大にしっかりと役立ちます。

亜鉛は、先に紹介した肉類や豆類、その他にも魚介類や野菜類にも含まれています。身近な食材に含まれていることから、比較的摂取しやすい成分なのです。

増大サプリなら手軽に栄養素を摂取できる

普段の食事に偏りがある人は、バランスが良い食生活に改善するだけでも勃起力に変化ができるでしょう。

しかしながら、普段の食生活から勃起力やペニスの増大に直結する、シトルリンやアルギニンを毎日摂取することは困難であるという人も少なくありません。

そういった場合には、増大サプリの利用を検討してみましょう。国産の増大サプリにおいては、健康補助食品という位置付けで販売されており、品質や安全性が極めて高いので初めての方でも安心して飲むことができます。

食生活の改善や増大サプリの利用は、体質の改善を目的としていますので即効性はありません。個人差はありますが、3ヵ月から半年かかると言わているので継続的に取り組むようにしましょう。

食事と増大サプリを上手く組み合わせペニスの増大を狙おう

ペニスの増大に役立つ成分は次の通りです。

  • シトルリン:血流の改善効果
  • アルギニン:血流の改善効果、成長ホルモンの分泌促進
  • 亜鉛:男性ホルモンの分泌促進

これらの成分を普段の食事から摂取することで、ペニスの増大に役立てることができます。
また、ペニスが増大する仕組みについて理解をしていれば、今回紹介した上記の成分以外からも体質の改善をすることができます。

例えば、血流の促進であれば玉ねぎや青魚などを食べることでも効果が見込めます。シトルリンが多く含まれるからといって、スイカばかりを食べていれば栄養が偏り、体調を崩してしまいます。
こうした他の食べ物でも体質を改善することができることを覚えておくと、バランスの良い食事をすることが可能となるのです。
食事だけでは摂取量に達することが難しい場合、効率良く必要成分を摂取できる増大サプリの使用も検討してみてください。

普段の食事からペニス増大を意識し、理想のペニスを手に入れましょう。