ペニス増大について

ペニスを大きくするための食べ物6選!増大に必要な栄養素も解説!

  • 食べ物でペニスは大きくできるの?
  • 何を食べればペニスが大きくなるの?
  • お金をかけずにちんこをデカくしたい

今回は、上記の悩みについて解説していきます。

ペニスの増大にはサプリや器具、手術など様々な方法がありますが、どれも費用が掛かるので手を出しにくい方も多いでしょう。

しかし、ペニスに効果的な食べ物を食べれば、ペニスの増大に役立つ成分を摂取できます。なるべくお金をかけたくない方でも、この方法なら無理なく体質を改善できますよ。

そこで今回は、ペニスの増大に役立つ食べ物について紹介をしていきます。
一般的な食材が多く普段の食事に取り入れることも可能なので、ぜひ覚えておきましょう。

ペニスが増大する仕組み:ちんこに血液を集めよう

はじめに、ペニスが増大する仕組みについて解説していきます。

ペニスは海綿体という毛細血管の束で構成されており、血液が集まることで勃起します。
AV視聴やセックス時に勃起するのは、興奮してペニスに血液が流れ込んでいるからなんですよ。

無数の糸のような血管に血液が流れ込み、血液の圧力によって、海綿体は硬くなります。これが勃起という現象です。

引用:浜松町第一クリニック

ペニスを大きくするには、さらに大量の血液をちんこに集めて海綿体の拡張を行わなければなりません。

毛細血管に流れる血液量を増やすには、血行をスムーズにする必要があります。
実現できれば成長ホルモンや男性ホルモンなど、増大に関わる栄養素も効率的にペニスに集められますよ。

ペニスを大きくする食べ物とは、血流促進効果がある食べ物のこと。
これらの食べ物を積極的に摂取して、ちんこのコンプレックスをなくしましょう。

ペニス増大に役立つ3つの有効成分

ペニスを大きくする食べ物に含まれる有効成分について紹介していきます。

成分効果1日の摂取量
シトルリン血流の改善800mg
アルギニン血流の改善、成長ホルモンの分泌促進15,000~21,000mg
亜鉛男性ホルモンの分泌促進10mg

上記の成分は増大サプリでも欠かせない主要成分とされています。
他にもたくさんの増大成分がありますが、まずはこれらの成分を覚えておきましょう。

中でもシトルリンとアルギニンはどちらも血流促進効果があるので、一緒に摂取すると相乗効果を発揮します。
献立を考える時は、2つの成分が含まれた食べ物を選びましょう。

アルギニンとシトルリンも同時摂取による相乗効果で「血流促進効果」があり、パフォーマンスの向上が期待できます。

引用:CLINIC FOR

ペニスが増大する仕組みにて解説した通り、ペニスを大きくさせるには血流の改善が重要な働きをします。
血流を改善できれば、多くの血液がペニスに集まり易くなり海綿体も拡張していきます。

亜鉛は男性ホルモンであるテストステロンを増やします。
テストステロンは男性機能や記憶力向上、筋肉を突きやすくするなど様々な恩恵を与えてくれれます。

男として欠かせない成分なので、どんどん摂取しましょう。

ペニスを大きくする食べ物6選

「シトルリン」「アルギニン」「亜鉛」といった、ペニスの増大に役立つ成分が多く含まれる食材について紹介をしていきます。

普段の食事選びの参考になるので、ぜひ覚えておきましょう。

  • スイカ
  • キュウリ
  • 肉類
  • 大豆製品
  • 牡蠣
  • うなぎ

スイカ

シトルリンは、1930年に日本でスイカから発見された成分であり、100gあたり180mgも含まれている食材です。

シトルリンを含む食べ物では断トツの配合量を誇ります。

約1/7個で、シトルリンの1日の摂取量である800mgを摂取することが可能。

増大以外にも、手足のむくみの改善や運動パフォーマンスの向上にも繋がりますよ。
夏にはぜひ積極的に摂取してほしい食べ物です。

とはいえ、他の季節の時は食べないと思うので、別の食べ物で補いましょう。

キュウリ

シトルリンは、ヘチマやメロン、冬瓜といったウリ科の食材に多く含まれている成分です。スイカが食べられない季節には、日常的に食べられるキュウリを中心に食べるのがおすすめですよ。

食材100gあたりの成分量
スイカ180mg
ヘチマ57mg
キュウリ9.6mg
ニンニク3.9mg
クコの実34mg

スイカやヘチマには劣りますが、キュウリにもシトルリンが含まれています。
上記の成分量から、1日の摂取量である800mgを満たすには、約57本食べる計算となります。

一日の摂取目安量は800mg程度とされており、これを食品から摂取するには、スイカ1/7個、メロン1.3個、冬瓜3.8個、キュウリ56.5本…という量を摂取する必要があるため、通常の食事のなかで毎日摂取することは困難です。

引用:POWER PRODUCTION

キュウリだけでの摂取は困難であるため、ニンニクやクコの実など、他の食材と合わせて摂取しましょう。

肉類

部位や種類によって含有量は異なりますが、肉類にはアルギニンや亜鉛が豊富に含まれています。
よくお肉を食べる人がエネルギッシュなのは、こうした理由も含まれているのでしょう。

各肉の含有量は以下のようになっています。

肉の種類100gあたりの含有量
鶏むね肉、豚ヒレ肉2,500mg
豚もも肉、マトン肉ロース2,000mg
牛もも肉、鶏もも肉2,100mg

肉類には、アルギニン以外のアミノ酸やビタミン、良質なタンパク質が摂取できるため、積極的に摂取していきましょう。

野菜炒めにしたり焼肉にしたり色んな食べ方があるので、ご自身の好きなように調理してください。

大豆製品

先に紹介した肉類以外に、大豆製品からもアルギニンが摂取することができます。
中には、肉類よりも多く摂取できるものもあるので要チェックです。

大豆製品に含まれるアルギニンの量は次の通りです。

大豆製品100gあたりの含有量
(乾燥)高野豆腐4,000mg
大豆2,500mg
納豆1,000mg
豆腐600mg

大豆製品にも肉類同様、タンパク質やアミノ酸が含まれますが、肉類の動物性と異なり植物性の成分となります。

全体的に肉類の方が摂取しやすいですが、食生活のバランスも考慮し、肉類と大豆製品を上手く組み合わせましょう。

牡蠣

精力増強で有名な牡蠣には亜鉛やたんぱく質、カルシウムが多く含まれています。
特に亜鉛は100gあたり14.5mgも配合されており、食べ物の中では断トツ。

牡蠣5個分で亜鉛の1日の摂取量である10mgを満たすことができますよ。
亜鉛は男性ホルモンを増やすので、牡蠣を食べれば増大のサポートが期待できます。

牡蠣は食品の中でも群をぬいて亜鉛を含んでいる食品です。

生牡蠣は100gあたりに14.5mgほどの亜鉛が含まれています。燻製などの加工品はさらに多く、100gあたり25.4mgです。

引用:牡蠣ファンドットコム

とはいえ、簡単に摂取できるからといって食べ過ぎは要注意。

亜鉛を過剰摂取すると、銅の吸収阻害により下痢や吐き気、免疫障害などの副作用を起こす恐れがあります。
日本人は亜鉛不足の傾向にありますが、気を付けましょう。

うなぎ

うなぎは牡蠣に次いで亜鉛が多く含まれています。
100g(1串)あたり2.7gと牡蠣には劣りますが、ペニスの増大にしっかりと役立ちます。

他にも、ビタミンやミネラル、脂質なども摂取できますよ。

亜鉛は、先に紹介した肉類や豆類、その他にも魚介類や野菜類にも含まれています。
身近な食材に含まれていることから、比較的摂取しやすい成分です。

ペニスを大きくする食べ物の効果をさらに引き上げる方法

ただ食べるだけでもいいですが、やり方次第で更に効果を引き出せます。

増大サプリの効果を上げる方法と同じなので、ぜひ参考にしてください。

  • 生活習慣の改善
  • チントレ
  • 定期的なオナニーやセックス

生活習慣の改善

ペニスを大きくする上で最も大切なのは、実は健康です。
体の調子が悪いと、どんなに有効成分を摂取しても効果が打ち消されてしまいます。
場合によっては、EDの原因にもなりかねません。

デカチンを目指したい方は、増大のための土台作りとして健康も意識しましょう。

生活習慣改善策
睡眠7時間以上の睡眠
適度な運動週1回以上はジョギングなど運動する
飲酒1日500mlまで
喫煙禁煙(1人で難しい方は禁煙外来)
ストレス趣味などで定期的な発散

もちろん、いきなりすべての生活習慣を改善するのは難しいです。
まずは自分のできる所から始めてみてください。

特に睡眠はもっとも健康に影響を与えます。
なにから始めればいいか分からない方は、睡眠時間の改善から始めてみましょう。

米国の大規模調査では睡眠時間が7時間の人が最も死亡率が低く長寿でした。短い睡眠が健康にとってリスクというのは理解できるかもしれませんが、8時間を超える睡眠時間の人は死亡リスクが上昇するという結果がでています。

引用:睡眠リズムラボ

健康になれば、それまで増大方法を試しても「効果がなかった」という人でも、増大を実感できる可能性があります。

チントレ

チントレはペニスを扱いて血液を集めるトレーニングの1種です。
増大サプリや手術のように費用が掛からないので、お金がない方におすすめ。

かかる時間も5~10分程なので、非常に手軽ですよ。

チントレにはいくつかやり方がありますが、ここでは代表的なジェルキングを紹介していきます。

ジェルキング

ジェルキングを実践すると、竿の太さと亀頭の増大が期待できます。
潤滑油としてローションが必要になるので、持っていない方は購入しましょう。

ジェルキングの手順
  1. 風呂やシャワーで体温を上げる
  2. ペニスを半勃起にする
  3. ペニスにローションを塗る
  4. 両手でOKマークを作り、ペニスの根元にかける
  5. 根元側で固定し、もう片方の手は亀頭までスライドさせる
  6. そのまま5秒間キープ
  7. この動作を5~10分継続

やりすぎると怪我をする恐れがあるので注意してください。

また、フル勃起状態では効果が減るので、必ず半勃起をキープしながら行いましょう。

定期的なオナニーやセックス

筋肉は使わないと衰えていきます。
同様に、ペニスもどんどん使っていかないと機能が下がっていきます

ペニスの機能が下がっている状態では、どんな増大方法に挑戦しても無駄になる可能性がありますよ。
それを防ぐために、定期的にオナニーやセックスをしましょう。

有名なAV男優「しみけん」も積極的なオナニーを推奨しています。
どんどんちんこを使って、機能を落とさないようにしましょう。

増大サプリでより手軽に栄養素を摂取しよう!

普段の食事に偏りがある人は、バランスが良い食生活に改善するだけでも勃起力に変化がでるでしょう。

しかし、普段の食生活から勃起力やペニス増大に直結する、シトルリンやアルギニンを毎日摂取することは困難な人も多いです。

そういった場合には、増大サプリの利用を検討してみましょう。
増大サプリであれば、食べ物では満たしきれない量を飲むだけでカバーできるので、非常に効果的。

国産の増大サプリは健康補助食品として販売されており、安全性は極めて高いです。
初めての方でも安心して飲むことができますよ。

増大方法増大サプリ食べ物
増大力×
勃起力
手軽さ
費用13,000円前後食費に準拠
成分量

増大サプリで摂取できない成分を、食べ物で補うというのが最も効果的なやり方です。

しかし、両方は実践できない方もいるはずなので、できる方法から実践しましょう。

食生活の改善や増大サプリは、体質改善が目的なので即効性はありません。
個人差はありますが、3ヵ月から半年かかると言わているので継続的に取り組むようにしましょう。

食事と増大サプリを上手く組み合わせペニスの増大を狙おう

ペニスの増大に役立つ成分は次の通りです。

  • シトルリン:血流の改善効果
  • アルギニン:血流の改善効果、成長ホルモンの分泌促進
  • 亜鉛:男性ホルモンの分泌促進

これらの成分を普段の食事から摂取すれば、ペニスの増大に役立ちます。
また、ペニスが増大する仕組みについて理解をしていれば、今回紹介した上記の成分以外からも体質の改善ができます。

例えば、血流の促進なら玉ねぎや青魚などでも効果が見込めますよ。

シトルリンが多く含まれるからといって、スイカばかりを食べていれば栄養が偏り、体調を崩してしまいます。
他の食べ物でも体質を改善できると覚えておくと、バランスの良い食事ができます。
食事だけでは摂取量を満たすことが難しい場合、効率良く必要成分を摂取できる増大サプリの使用も検討してみてください。

普段の食事からペニス増大を意識し、理想のペニスを手に入れましょう。