カードローンの金利には上限がある!貸金業法から考える

融資を受けた際には金利が発生するというのは当然のことですが、この金利は業者が好き勝手に決められるわけではありません。

国は業者が契約者に適用できる金利に上限を設けています。つまり、この上限を超えて金利を設定している業者は違法な業者であるとも言えるのです。

それでは早速、金利にどれだけの上限が定められているのかについて見てみましょう。

金利に関する法律

お金の貸し借りをした際の金利について触れている法律は「貸金業法」「出資法」「利息制限法」というものがあります。

貸金業法は貸金業を営んでいる業者や貸金業者からの融資について決まりを設けた、お金の貸し借りに関する総括的な法律と考えてよいでしょう。

それに対して出資法と利息制限法は、同じお金の貸し借りに関することを定めているのに違いはありませんが、定めている範囲が狭く、より詳細に決まりを設けている法律と考えられるでしょう。

出資法は、貸金業を営む業者に焦点が当たっており、利息制限法は貸し借りの際の金利に焦点が当たっていると言えます。

金利の上限について

金利に関する法律について簡単に見てきたところで、現在これらの法律の中では金利がどうなっているのかを見ていきたいと思います。

2010年6月まで、金利の上限はいくつかの解釈がありました。出資法と利息制限法で金利の上限が異なっていたのです。

2010年6月まではそれぞれがどのようになっていたのかは次の通りです。

<改正前の上限金利>

出資法  :29.2%

利息制限法:20.0%

このように、法律によって上限金利が異なるという事態が生じていたのです。

これを是正するために、2010年6月に改正された貸金業法が施行され、出資法の上限金利が引き下げられて利息制限法に合わせる形でまとまったのが次の金利です。

<改正後の上限金利>

出資法  :20.0%

利息制限法:20.0%

借入金額ごとの上限金利について

さらに、利息制限法では借入金額ごとにさらに細かく金利の上限を取り決めているのです。利息制限法による上限金利は次の通りです。

<借入金額ごとの上限金利>

10万円未満         ⇒  20%
10万円以上100万円未満   ⇒   18%
100万円以上         ⇒   15%
つまり貸金業者がこの金利を超えて利息を請求すると、それは法律違反ということになるのです。

カードローン業者の金利設定

335886c3d4b9ca6af8c4c6e94d946c91_s

最後に、利息制限法を踏まえて実際にカードローン業者がどれほどの金利を設定しているかを見てみましょう。

カードローン業者の金利は借入限度額によって決まります。

利息上限法に照らし合わせるため、借入限度額を次の3段階に分けてそれぞれの最高金利を確認してみましょう。

  1. 10万円未満
  2. 10万円以上100万円未満
  3. 100万円以上

<消費者金融:「アコム」の金利設定>

  1. 10万円未満         ⇒  最高金利18%
  2. 10万円以上100万円未満   ⇒  最高金利18%
  3. 100万円以上         ⇒  最高金利15%

<メガバンク:三菱東京UFJ銀行「バンクイック」の金利設定>

  1. 10万円未満         ⇒  設定なし(借入限度額10万円から)
  2. 10万円以上100万円未満   ⇒  最高金利14.6%
  3. 100万円以上         ⇒  最高金利14.6%

<ネット銀行:オリックス銀行カードローンの金利設定>

  1. 10万円未満         ⇒  設定なし(借入限度額10万円から)
  2. 10万円以上100万円未満   ⇒  最高金利17.8%
  3. 100万円以上         ⇒  最高金利14.8%

以上を見てみましても、最高金利については多くの貸金業者で利息制限法の上限金利に近い金利設定をしていることがわかります。

まとめ

比較的簡単にお金を借りられるようになってきましたが、それゆえお金のやり取りに関する法律などを気にしなくなってきているのではないでしょうか。

知らなければ損をしてしまうことも多くありますので、この記事でお伝えしました金利についても理解しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です