過払い金って何?カードローンの金利に関する気になるあれこれ

よくCMなどでも聞くようになった「過払い金」という言葉ですが、耳にするもののそれがどういったものなのかを正確に知っている人はそう多くないのではないでしょうか。

この過払い金ですが、お金を借りた経験のある人であれば誰にでも関係する可能性があることなのです。

この記事では過払い金はそもそもどういったものなのか、また過払い金があった場合にはどうすれば良いのかについてお伝えしたいと思います。

過払い金とは

まずは過払い金について説明しましょう。

過払い金とは一言で言いますと、貸金業者が取り過ぎた利息(借り手から見ると払い過ぎていた利息)のことを言います。

では取り過ぎた利息とは具体的にどういうことなのでしょうか。

金利はいくつかの法律によって上限が設けられているのです。

この点から、払い過ぎていた利息というのは法律で定められている以上の金利を請求していたことによる違法な利息と言い換えることができます。

法律で決められた以上の金利を取っていたのは、以前はそれが業者の中では当たり前のこととなっていたためです。それが2010年の貸金業法の改正によって違法とされるようになりました。

ではそもそもなぜ業者は当たり前のように、今となっては違法の金利で請求していたのでしょうか。簡単にではありますがその経緯を見てみましょう。

過払い金が問題となった経緯

過払い金が問題となるまでの間、融資をする際の金利には次の2つの上限がありました。

  1. 出資法という法律で定められた金利   ⇒ 29.2%
  2. 利息制限法という法律で定められた金利 ⇒ 20.0%

つまり、異なる法律で異なる上限金利が定められていたということになります。

貸金業者は利息がそのまま利益となるため、少しでも高い金利を取りたいと考えますよね。

そのため、世の中の貸金業者は1の29.2%を上限金利にしている出資法を根拠に金利を請求していました。

お金の借り手は当たり前のように1の金利を請求されていましたが、2010年6月に貸金業法が改正され、金利の上限は2の利息制限法に合わせなければいけないとなったのです。

これにより、今まで利息制限法の金利を超えて請求をしていた利息分(20%以上29.2%以下の範囲の金利分)を、貸金業者は契約者に返還しなければいけなくなりました。

繰り返しになりますが、この利息制限法の金利を超えていた利息分が過払い金です。

その他の金利について

2010年に貸金業法が改正されるまで、実に年率54.75%もの上限金利を定めることが特別に認められていた貸金業者があります。それは「日賦(にっぷ)貸金業者」です。

日賦貸金業者は、ほとんどの貸金業者がひと月に1回のペースで返済日を定めているところを、日単位で返済日を定めていた貸金業者のこと

貸金業法の改正によってこの制度は廃止されましたが、これだけの高金利でお金が貸し出されていたことがあったのです。

過払い金があった場合の対応

74ebcd21588946be3aef69b273cf45bc_s

過去にお金を借りていた貸金業者の金利が前述の上限金利を超えていた場合、返還請求の手続きをすることでお金が戻ってくるのです。

これは個人で手続きを進めることもできますが、弁護士や司法書士に手続きを依頼するのが一般的でしょう。

しかしこれもよくCMなどで流れていたことですが、過払い金の返還請求には期限があるのです。

過払い金となる利息を返済し終えてから10年間が、請求の期日となります。

貸金業法が改正された2010年以降は利息制限法で定める上限金利を設定する貸金業者はないでしょうから、それを踏まえると2020年には過払い金の請求はなくなると考えられます。

過払い金の心当たりがある場合は弁護士や司法書士に相談してみることをお勧めしますよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です